PR

 米Googleと米eBayは米国時間8月28日に,複数年にわたる広告関連の契約を締結したことを発表した。提携内容には,eBay海外サイト向けのテキスト広告サービスと,無料通話機能の導入が盛り込まれている。

 Googleは,eBayの米国外のWebサイト向けにテキスト・ベースの広告を配信する排他的プロバイダとなる。また,eBayの米国および海外サイトにclick-to-call機能を統合する。

 click-to-callは,ユーザーが広告主や販売事業者に無料電話をかけられるサービス。広告のリンクやアイコンをクリックするとIP電話が立ち上がり,直接通話が行える。eBay傘下のSkypeのVoIPサービスおよびGoogleの音声対応インスタント・メッセージング・サービス「Google Talk」と連携する。

 eBayサイトにおけるGoogleテキスト広告の配信とclick-to-call機能の統合は,2007年初頭より数カ月間テストを行う。テストの成果と各市場の状況に応じて,本格的なサービス開始を決定するという。

 さらに両社は,Skypeを通じて「Google Toolbar」のダウンロードが行えるようにするほか,同ツールバーへのSkypeカスタム・ボタンの追加,SkypeおよびGoogle Talk間の相互接続性確立についても協力体制を敷く。

 ちなみにeBayは5月に,米Yahoo!とオンライン広告や共同ブランド・ツールバーなどに関する戦略的提携を結んでいる(関連記事)。

[発表資料へ]