PR

 米AT&Tは米国時間8月29日,何者かが同社のコンピュータ・システムに侵入し,クレジット・カード情報など顧客の個人情報にアクセスしたことを明らかにした。今回のサイバー攻撃により,同社のWebストアからDSL機器を購入した1万9000人弱の顧客情報が流出した可能性があるという。

 この不正侵入は週末に発生した。同社は,侵入開始から数時間以内に探知し,ただちにオンライン・ストアを閉鎖するとともに,影響を受ける可能性がある主要クレジット・カード会社に通知したと説明している。また,今回の事件を調査し,犯人を割り出すために捜査当局に協力しているという。

 同社は現在,被害の対象となった顧客に電子メール,電話,書簡などで通知を行っている。AT&TのCPO(最高プライバシ責任者)であるPriscilla Hill-Ardoin氏は,「今回の事件を誠に遺憾に思う」とコメントしている。同社は,この事件の影響を受ける顧客に対してクレジット・カードなどの不正利用を監視するサービスの料金を負担すると申し出ている。また,影響のある顧客により多くの情報を提供するためのフリーダイヤルを開設している。

発表資料へ