PR

 中国のAnalysys Internationalが,中国ミドルウエア市場に関する調査結果を現地時間8月31日に発表した。それによると,2006年第2四半期における同市場の規模は3億300万元(約3800万ドル)に達し,前年同期に比べて4.8%増加したという。

 ベンダー別に見ると,上位3社は依然,米BEA Systems,米IBM,中国のTongTechが占め,市場シェアはそれぞれ25.1%,24.5%,15.0%を獲得した。これら3社の合計シェアは市場全体の64.6%にのぼる。

■中国におけるミドルウエア市場シェア
------------------------------------------------------------
                                     シェア
                                     (%)
------------------------------------------------------------
BEA Systems                           25.1
IBM                                   24.5
TongTech                              15.0
Kingdee Apusic                         5.9
Microsoft                              5.7
Oracle                                 4.5
Sun Microsystems                       4.3
Censoft                                3.1
CVIC                                   2.7
Borland Software                       2.5
その他                                 6.6
------------------------------------------------------------
   計                                100.0
------------------------------------------------------------
出典:Analysys International

 業界別で見ると,通信業界におけるミドルウエア・アプリケーションに対する支出の伸び率は減少傾向にあるという。通信業界に代わって,ミドルウエア・アプリケーションへの支出が伸びているのは,金融サービス業界である。このほか,政府関連機関,エネルギ業界,輸送業界も投資額を大幅に増加させている。これら4業界のミドルウエア・アプリケーション支出は,全体の87.6%を占める。

[発表資料へ]