PR

 カナダNortel Networksは第3世代携帯電話事業をフランスAlcatelに3億2000万ドルで売却する。両社が了解覚書(Memorandum of Understanding:MOU)に署名したことを,それぞれ現地時間9月1日に発表した。

 売却対象となるのはUMTS(Universal Mobile Telecommunications System)接続製品「Radio Network Controller」「Node B」などのほか,関連するサービスや資産を含む。現在NortelのUMTS事業部門に所属する従業員の大半はAlcatelに移管される。Alcatelは,韓国,イタリア,スペイン,フランス,英国などで新たに14の顧客を獲得することになる。

 最終合意が成立し,当局などの承認を得たのち,2006年第4四半期に取引が完了する見込み。

 Nortelは十分な収益が確保できない事業から撤退する一方,OFDM-MIMOなどの主要分野への投資を強化し,他の分野では提携拡充を図っている。7月には,統合通信の普及促進に向けた米Microsoftとの戦略的提携を発表した。

[発表資料(Nortelのプレス・リリース)]
[発表資料(Alcatelのプレス・リリース)]