PR

 米Intelは米国時間9月5日,従業員1万500人の解雇を含む大規模なリストラ策を発表した。「事業再編により,2007年に約20億ドル,2008年に30億ドルのコスト削減が可能」(同社)としている。

 人員削減は、年内は、主に経営,マーケティング,IT部門を対象とし,来年以降はより広範な部門で実施する。「2007年は,製造効率や設備の利用率を向上し,製品設計や開発プロセスを見直す」(同社)。同社は解雇手当として,約2億ドルを見積もっている。

 Intelの社長兼CEOのPaul Otellini氏は,「当社の企業体質を,より機動性のある効率的なものへと変革するために必要な決断」と説明した。

[発表資料へ]