PR
画面左側から、年代別に検索結果を絞り込みできる。検索キーワードに関連が深い年代には青い矢印が表示される
画面左側から、年代別に検索結果を絞り込みできる。検索キーワードに関連が深い年代には青い矢印が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 米グーグルは2006年9月6日(米国時間)、過去のニュース記事の検索ができる「Google News Archive Search」を開始した。「Google News」で検索できるのは過去30日間のニュースに限られるのに対して、News Archive Searchでは、最も古いもので200年前の記事が検索できるという。日本語でのサービス提供時期は未定だ。

 News Archive Searchでは、英ガーディアン紙、米ニューヨークタイムズ紙、米タイム誌、米ウォールストリートジャーナル紙、米ワシントンポスト紙といった有名メディアのニュース検索サービスでの検索結果のほか、米ファクティバ、米レクシスネクシス、米トムソン・ゲール、米ハイビームリサーチなどが提供するデータベースでの検索結果も表示される。具体的には、キーワードを入力して検索を実行すると、上に挙げたような複数のサービスで同時に検索が実行され、検索結果が同一ページにまとめて表示される。記事を読む際には、各サービスの提供するWebページにアクセスすることになる。アクセス先が会員制あるいは有料のサービスの場合は、個別に会員登録や料金の支払いが必要だ。