PR

 米インテルは2006年9月5日(米国時間)、組織構造と事業効率の見直しを図る経営再編計画を発表した。特に従業員を大幅に削減することでコストを削減する。

 2006年第2四半期末時点で約10万2500人いる従業員を、今回の再編計画と自然減によって、2006年末までに7500人、2007年半ばまでにさらに3000人を減らす。合計1万500人を削減することになる。

 2006年に実施する人員削減の主な対象となるのは、管理職やマーケティング、IT部門など。2007年には、労働生産性の向上や重複組織の削減などにより、より広範囲にわたり従業員の削減を実施する。

 同社では、人員削減によって2007年には20億ドル、2008年には30億ドルのコスト削減を見込んでいる。

 米インテルの社長兼CEOポール・オッテリーニ氏は「インテルが将来にわたってより俊敏で柔軟な対応のできる効率的な企業になるために、今回の経営再編計画の実施は極めて重要だ」と述べている。