PR

 米Borland Softwareが,オープンソース開発ツールEclipseのプラグインとして作動するモデリング・ツールの新版「Borland Together 2006 for Eclipse Release 2」を米国時間9月6日に発表した。新たにC++言語に対応したほか,Business Process Modeling Notation(BPMN)モデルの作成が可能になった。

 Together 2006について,Borlandは「当社の要件定義/管理ソリューションで中核的な役割を果たす」と説明する。同社の要件定義/管理製品と組み合わせて利用すると,特定の要件からUnified Modeling Language(UML)モデル図を生成し,その図をベースにソフトウエアの実装や,元の要件に対するフィードバックが行える。

 新版は,ソフトウエア開発フレームワークEclipse 3.2に対応しており,同フレームワークのシェル内で作動する。C++のモデリングに対応し,「C++ LiveSource」と呼ぶ技術によってモデルとC++コードの常時同期を可能とした。要件定義ツール「Caliber DefineIT」と組み合わせると,BPMNモデルの生成にも対応する。

 米メディア(InfoWorld)によると,Together 2006 for Eclipse Release 2の価格は1ユーザー当たり3500ドルで,9月8日に出荷を開始するという。

[発表資料へ]