PR

 米Sybaseは,モバイル向けメッセージング・サービスやコンテンツ配信を手がける米Mobile 365を買収することで最終的な合意に達した。同社が米国時間9月5日に発表した。買収金額は4億2500万ドル。取引は現金で行う。手続きは2006年第4四半期に完了する予定となっている。Sybaseは,買収により同社のモバイル・サービスの拡大を狙う。

 Mobile 365は,米バージニア州を拠点とする未公開企業。移動体通信事業者やコンテンツ・プロバイダなどに,メッセージング,有料コンテンツ,付加価値サービスを提供している。2005年3月締めの会計年度における売上高はおよそ9000万ドルだった。流動資産の調整により,実質的な買収金額はおよそ4億ドルになる可能性がある。

 同社の主な製品とサービスには,メッセージ・サービスの相互接続,インタラクティブ・サービス,配信サービスなどがある。米Verizon Wireless,英Vodafone,ドイツのT-Mobile,スペインのTelefonica,中国のChina Mobileなど700以上のモバイル通信事業者と提携し,自社のネットワークを通じてSMS,WAP,MMS,IMなどのモバイル・メッセージを1カ月に30億件以上提供している。通信事業者以外にも,米Citibank,米Yahoo!,米Sony Pictures,米AOLなど大手企業が顧客として名を連ねている。

 買収後,Mobile 365はSybaseの子会社となり,「Sybase Mobile 365」として経営を続ける。社長には,Sybaseの企業開発およびマーケティング部門担当上級副社長のMarty Beard氏が就任する。

 Sybaseの会長,CEO兼社長のJohn Chen氏は,「モバイル・メッセージング市場は米国だけで2008年までに75億ドル規模に成長すると見込まれている。急成長するモバイル市場に通信事業者を通じて接近することにより,当社が掲げる『Unwired Enterprise』戦略を拡張できる」と述べている。

 Sybaseは過去数年間において,モバイル関連の企業の買収を進めており,7月にはモバイル向けソフトウエア・ベンダーの米Extended Systemsを約7130万ドルで買収している。

発表資料へ