PR

 米IBMは米国時間9月7日に,オープンソース・コミュニティ向けのソフトウエア開発ツールとサポート・サービスを発表した。オープンソースの統合開発環境Eclipseを使用する開発者に提供する。

 今回発表された「Eclipse Callisto対応ソフトウエア開発ツール」は,アプリケーションの設計,開発,テストを支援するもの。「IBM Lotus Designer」により,開発者は「WebSphere Portal 6.0」上で動作するコンポーネントを迅速に構築できる。開発者向けサイト「developerWorks」で9月下旬に公開ベータ版を無償リリースする予定。10月半ばには,「IBM Rational Software Architect」と「IBM Rational Functional Tester version 7」をベータ試験用に公開する。試用するには,同社Webサイトで事前登録が必要。

 developerWorksは550万人近いユーザーが登録する開発者コミュニティで,幅広いEclipse向けツールを無償提供し,Eclipse開発者のスキル向上に一役買っているという。最近では,Eclipse V3.2の強化内容を理解するための学習ツールを公開した。

 新たなカスタマ・サポート・プログラム「IBM Rational Elite Support for Eclipse」は2006年第4四半期に利用可能とする。eclipse.orgや他のプロバイダが提供しているEclipse対応ツールを使用しているユーザーを対象に,有償で「世界クラスのサポートを提供する」(同社)。

[発表資料へ]