PR

 米Intelは米国時間9月11日,同社の光ネットワーキング部品事業を米Cortina Systemsに売却したことを発表した。売却金額は明らかにしていない。

 Cortinaは,通信事業者向けの半導体メーカー。今回の買収により,IntelのEthernet Media Access Controller(MAC),Physical Layer Device(PHY),TransportおよびService Framerのポートフォリオ,Forward Error Correction(FEC) Framer,T1/E1回線インタフェース製品などを獲得する。同社は,Intel Communications Allianceのメンバーとして引き続きIntelと協力していく。

 Intelは,光ネットワーキング部品事業の売却により,中核事業に注力できるようになるとしている。同社は9月5日,大規模なリストラ策を発表しており,従業員1万500人の解雇を予定していることを明らかにした。事業再編により,2007年に約20億ドル,2008年に30億ドルのコスト削減を見込んでいる。Cortinaは,買収部門から多数の従業員を受け入れるとしている。

発表資料へ