PR

 米Adobe Systemsは米国時間9月12日に,消費者向けデジタル画像編集ソフトウエアの新版「Adobe Photoshop Elements 5.0」とビデオ編集およびDVD作成ソフトウエアの新版「同Premiere Elements 3.0」を発表した。ともにWindows上で動作する。

 Photoshop Elements 5.0は,さまざまなテーマやカスタム可能なレイアウト,100種類以上のフレームを用意しており,写真の共有,フォトアルバムやスクラップブックを手軽に作成できる。「Map View」機能を使って,写真を撮った思い出の場所と,オンラインの衛星地図を連携させることが可能。

 また「Flash」ベースのフォト・ギャラリ・サービス「Adobe Photoshop Showcase」で,写真を保存および公開できる。ページをめくるスクラップブック風に写真を表示したり,冬の写真に雪が降る背景を加えたり,写真をメリーゴーラウンドのように回転させることが可能。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,Photoshop Showcaseは3種類の利用料を設定する。アップロードしたビデオ,写真,Flashギャラリいずれも保存1件を「1シェア」としてカウントし,1000シェアまでが無料,5000シェアまでが月額3ドル99セント。月額7ドル99セントで無制限に保存できる。

 Adobe Premiere Elements 3.0は直感的なユーザー・インタフェースにより,「自由に創造力を発揮して手軽にビデオ編集が行えるようにした」(同社)。DVおよびDVDカムコーダ,HDVデバイス,デジタルカメラ,携帯電話などから映像を取り込める。新たな「Monitor」ウインドウでは,ビデオの編集と加工を1カ所で実行できる。

 作成したムービーはDVDに記録するほか,MPEG-4あるいはFlash形式で書き出して,米Apple Computerの「iPod」やソニーの「プレイステーション・ポータブル(PSP)」といった携帯型デバイスで再生できる。

 Adobe Photoshop Elements 5.0と同Premiere Elements 3.0は2006年10月より,Adobeのオンライン・ストア,大手販売店およびオンライン小売店で発売する。価格はともに99ドル99セント。両ソフトウエアを1つにまとめたパッケージ製品は,米国とカナダでリリースする。価格は149ドル99セント。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]