PR

 英Sophosによれば,モロッコ当局は「Zotob」ワームを作成および配布した疑いで逮捕した2人の男に対して,懲役1年および2年の判決を下したという。Sophosが現地時間9月12日に明らかにしたもの。

 Zotobは,2005年8月中旬に出現したワーム(インターネット・ウイルス)。Windowsのセキュリティ・ホール「プラグ アンド プレイ の脆弱性により,リモートでコードが実行され,特権の昇格が行なわれる (899588) (MS05-039)」を突いて感染を広げ,多数の企業のコンピュータ・ネットワークを停止に追い込んだと伝えられている(関連記事:Windowsの脆弱性を突く新種ワームに注意)。

 同年8月下旬,米連邦捜査局(FBI)はモロッコおよびトルコ当局と協力して,Zotobを作成および配布したと思われる人物を逮捕したと発表した(関連記事:Zotobワーム作成・配布の容疑者2人をモロッコとトルコで逮捕)。そして今回,この2人に対して,それぞれ懲役2年および懲役1年の有罪判決が下された。

 Sophosが伝えるところでは,2人とも控訴する予定であるという。

英Sophosの情報