PR

 米Microsoftは米国時間9月12日,35種類のWebサービス関連仕様について,「Microsoftが実装に必要な特許の権利を所有していても,その実装物の作成者や販売者に特許侵害で訴えない」とする宣言「Microsoft Open Specification Promise(OSP)」を発表した。宣言の内容は自動的に効力を発揮するため,条件に合意さえすればMicrosoftとライセンスを結ぶ必要はない。

 Microsoftは,対象とするWebサービス仕様の実装に必要な特許(クレーム)を「Microsoft Necessary Claims」と呼ぶ。OSPにより,こうした特許を使って実現したソフトウエアやサービスは,作成/使用/販売/輸入/配布などが自由に行える。

 OSPでカバーする仕様は以下の35種類。仕様全体でなく一部にのみOSPを適用する仕様もある。基本的には現行版を対象とするが,標準化作業の進展に応じて新版も対象に含めていく。

・WS-Addressing
・WS-RM Policy
・WS-AtomicTransaction
・Remote Shell Web Services Protocol
・WS-BusinessActivity
・WS-SecureConversation
・WS-Coordination
・WS-Security:Kerberos Binding
・WS-Discovery
・WS-Security:SOAP Message Security
・WSDL
・WS-Security:UsernameToken Profile
・WSDL 1.1 Binding Extension for SOAP 1.2
・WS-Security:X.509 Certificate Token Profile
・WS-Enumeration
・WS-SecurityPolicy
・WS-Eventing
・SOAP
・WS-Federation
・SOAP 1.1 Binding for MTOM 1.0
・WS-Federation Active Requestor Profile
・SOAP MTOM/XOP
・WS-Federation Passive Requestor Profile
・SOAP-over-UDP
・WS-Management
・WS-Transfer
・WS-Management Catalog
・WS-Trust
・WS-MetadataExchange
・WS-I Basic Profile
・WS-Policy
・Web Single Sign-On Interoperability Profile
・WS-PolicyAttachment
・Web Single Sign-On Metadata Exchange Protocol
・WS-ReliableMessaging

[発表資料へ]