PR

 米Segwayは米国時間9月14日,1人乗りの自立型2輪電動スクータ「Segway Human Transporters」の自主回収を発表した。ソフトウエアの不具合が問題で,突然タイヤが逆回転し,ドライバーが振り落とされる危険性があるという。同社はスクータを回収してソフトウエアのアップグレードを無償で行う。ハードウエアの交換は必要ないという。

 問題とされている現象は,速度制御装置が作動して速度が低下している時にスクーターから降り,その後すぐに乗ると発生する可能性があるという。問題の発覚後,同社は米国消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission)に通報し,ただちにこの問題に対応するソフトウエアのアップグレードに取り掛かったとしている。

 自主回収の対象となるスクータは,2002年3月~2006年9月までに発売されたSegway PT i Series,e Series,p Series,XT,GT,i2のすべてのモデル。対象となるスクータは,全世界でおよそ2万3500台にのぼる。9月下旬にリリースを予定しているSegway x2は,この影響を受けない。また,今後出荷するi2については,ソフトウエアのアップデートが完了している。

 同社は,ユーザーにスクータの利用を中止し,ただちにソフトウエアをアップグレードするように呼びかけている。

発表資料へ