PR

 米IDCが米国時間9月14日,世界パソコン市場に関する四半期ごとの調査結果を発表した。それによると,2006年第2四半期の同市場は伸び率9.8%で事前予測を0.6ポイント下回ったものの,出荷台数は5200万台を超え,2006年下半期は2桁台の成長に回復することが期待できるという。

 地域別で見ると,第2四半期における西欧および日本の伸び率は大幅に鈍化し,事前予測を大きく下回った。IDCは,「前期の過剰在庫とサッカーのワールドカップが原因」と分析する。米国の伸びは前期をかろうじて超えた。日本以外のアジア太平洋地域を含むその他の地域は,第1四半期の伸びからわずかに減速したが,事前予測を上回った。

 IDCディレクタのLoren Loverde氏は,次のように述べている。「米国,西欧,および日本といった先進国では成長率が鈍化傾向にあるが,発展途上地域では事前予測を大きく上回る伸びを示している。しかし,パソコン市場全体の伸びを牽引しているノート・パソコンについて見ると,依然出荷先は先進国に集中している。したがって,地域ごとに正しくターゲットを絞れば,パソコン・メーカーにはまだまだ成長の機会がある」

 IDCは第2四半期の結果を受けて,今後の予測を若干修正した。2006年通期については事前予測を下方修正する。2007年の出荷台数はこれまで通りで,2008年以降は事前予測を上回る見通し。発展途上地域における市場の成長,新製品リリースによるデジタル社会の発展が期待できることが理由だという。

■米国および世界全体のパソコン出荷台数/伸び
----------------------------------------------------------------------
                      2004年    2005年    2006年    2007年    2008年
----------------------------------------------------------------------
出荷台数
(単位:100万台)
 米国                 58.3      63.9      67.8      73.9      82.0
 世界全体            179.2     207.8     229.7     257.4     287.8
----------------------------------------------------------------------
伸び率(単位:%)
 米国                            9.6       6.2       9.0      10.9
 世界全体                       16.0      10.5      12.0      11.8 
----------------------------------------------------------------------
注:2006年以降は推測値

出典:IDC

[発表資料へ]