PR

 米YouTubeと米Warner Music Group(WMG)は,YouTubeの動画共有サイト「YouTube」によるコンテンツ配信に関して提携関係を結んだ。両社が米国時間9月18日に明らかにしたもの。WMGは,同社が所有するミュージック・ビデオや音楽コンテンツをYouTubeで配信する。「YouTubeユーザーは,WMGが提供するミュージック・ビデオや音楽を,自作ビデオで合法的に利用できるようになる」(両社)。

 YouTube社は年内に,コンテンツ識別技術とロイヤルティ・レポーティング技術をYouTubeサイトに導入する。メディア企業は,著作権識別ツールを使って同サイトで配信するコンテンツを管理したり,自社コンテンツを利用しているユーザー・ビデオを特定したりできるようになる。また,コンテンツ使用に関する承認や課金,ロイヤルティの追跡や管理なども可能だという。WMGは,YouTubeサイトにおけるこれら技術の導入にあわせて,コンテンツ提供を開始する予定である。

 なおYouTube社とWMGは,WMGのミュージック・コンテンツと,WMGのコンテンツを使った投稿ビデオに掲載する広告から収入を得る。

 WMG会長兼CEOのEdgar Bronfman氏は,「エンターテインメントの世界では技術による革新が進み始めているが,当社はそれを最大限に活用するつもり。ユーザーが作成したコンテンツが普及し始めているが,当社のYouTube社との取り決めは,音楽愛好家の楽しみと著作権保護を両立させることが可能」と述べた。

[発表資料へ]