PR
Soapbox on MSN Video
Soapbox on MSN Video
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフトは米国時間9月18日,個人ユーザーからの動画投稿を受け付ける動画共有サービス「Soapbox on MSN Video」のクローズド・ベータ版を開始した。これは“マイクロソフト版のYouTube”と呼べるもの。

 現在,同サービスは米国限定のクローズド・ベータ版で,マイクロソフトから招待されたユーザーしか利用できない。クローズド・ベータ版でサービスを始めたのは「著作権などの問題に配慮したため」(マイクロソフト)としている。誰でも利用できるオープン・ベータ型サービスへの移行については今後検討する。また,日本を含めた他国でのサービス提供に関しては未定とする。

 Soapbox on MSN Videoでは「Windows Media Player」の機能を利用して動画を再生する。再生はフル・スクリーンにも対応する。動画の投稿(アップロード)はAVI,ASF,WMV,MOV,MPEG 1/2/4,3GPP,DV Flash,H.264形式のファイルを受け付ける。投稿動画に対する検索機能や,ユーザーがタグやコメントを記述する機能,また,それらの情報をRSSで配信する機能なども用意する。

 マイクロソフトではSoapbox on MSN Videoを「Windows Live Spaces」や「Windows Live Messenger」,「Xbox」,「Zune」など,同社の他サービス/他製品と将来的には融合させる計画。具体的にはブログや電子メールに動画を埋め込むことができるようになるという。