PR

 多くの企業がオンライン音楽配信市場に参入する中,米Napsterは「戦略的な選択肢を査定するため」に投資銀行の米UBS Investment Bankを雇ったことを米国時間9月18日に明らかにした。「当社に対する戦略的提携や買収など,最近の第三者の関心に応えてのもの」(同社)としている。

 Napsterの会長兼CEOであるChris Gorog氏は,「当社は独立した企業として今後も積極的に事業構築できる状態にあるが,当社独自の戦略とブランドをデジタル・メディアの中心としていっそう強化するであろう協力体制についても喜んで検討する」と述べた。「当社の目標は株主価値を高めること。それは,新たな戦略的提携あるいは当社売却という結論に達する可能性もある」(同氏)

 同社CFOのNand Gangwani氏によれば,現在同社の年間売上高は1億ドルを超える。2007会計年度後半は,大幅な会員増を見込んでおり,今秋には日本でサービスを開始する予定だ。

 同社の2007会計年度第1四半期(2006年4~6月期)の売上高は2810万ドルで,税引き後純損失980万ドルを計上。6月末時点の会員数は51万2000人(Napsterの決算報告プレス・リリース)。

 ちなみに米メディアの報道(InfoWorld)によると,今回の発表をきっかけに,同社株価は時間外取引で3.99ドル(12.4%増)の値を付けた。

[発表資料へ]