PR

 米IBMは米国時間9月20日,同社のブレード・サーバー製品系列「IBM BladeCenter」への移行を支援するサービス「Blade Migration Center」を発表した。300人を超えるコンサルタントと技術者がIBMのブレード・サーバー・プラットフォームへの移行をサポートする。また,米Hewlett-Packard(HP)のブレード製品からBladeCenterに移行する企業に対し,1000ドルの奨励金を支給することも明らかにした。

 Blade Migration Centerは,企業におけるデータ・センター・インフラの簡略化,コスト削減,事業効率の向上のサポートを目的とするもの。無償と有料ベースの移行サービスを通じてコンサルタントやツールを提供し,BladeCenterへの移行,ITインフラの統合,仮想化を支援する。具体的には,現在の状態と既存のプロセスの評価,要求仕様,ソリューションの決定,アーキテクチャ,ロードマップ設計などを通じて実装と移行を支援する。

 また,データ移行サービスでは,仮想化,データ・センターの冷却,高速ネットワークなどの分野において,ビジネス・パートナと協調する。

 IBMは2002年以降,50万台を超えるBladeCenterシステムを出荷している。米Gartnerの調査結果によれば,2006年第2四半期のブレード・サーバー市場で同社は引き続き首位を獲得。売上高シェアは42.8%だった。

発表資料へ