PR

 米Oracleは米国時間9月25日,通信事業者が仮想PBXサービスを構築するためのプラットフォーム「Oracle Virtual PBX」の提供開始を発表した。4月に発表した通信事業者向けサービス配信プラットフォーム(SDP)「Oracle Service Delivery Platform(SDP)」の重要な要素の1つになるという。

 Virtual PBXは,小規模企業から大企業の通信ニーズに対応する機能を提供。仮想PBXは,オペレータ側でホストするサービスとして提供される。着信電話を効率的に処理するために,ボイス・メール,FAX,キュー,アテンダント・ツールなどを提供する。既存のネットワーク・トポロジやアーキテクチャに大きな変更を加える必要はないという。J2EEと標準的なWeb技術を採用しているため,容易に設定や管理ができるとしている。また,特定の企業顧客のニーズに合わせてパッケージを構築することもできるという。

 Oracle SDPは,VoIPやモバイル通信機能,リアルタイム・アプリケーションなどのサービスを提供するためのプラットフォーム。J2EE対応プログラミング環境を備え,新しいサービスの構築とともに,既存のサービスとの統合や管理ができる。SIP,SIPサーブレット,Parlay/Parlay Xなどに対応し,IMSをベースとする将来のネットワークもサポートする。

 Oracle Virtual PBXは同日より利用できる。価格はユーザー数によって異なる。

発表資料へ