PR

 米Adobe Systemsは米国時間9月25日,プロの写真家向けデジタル画像処理ソフトウエアをPhotoshopファミリに組み込み,4番目のベータ版を「Adobe Photoshop Lightroom beta 4.0」として公開した。

 最新ベータ版では,Windows版とMacintosh版の機能セットを統合している。ベータ期間中に,32万5000人を超えるユーザーがLightroomを試用しているという。

 同製品は,JPEGやTIFFに加え,125以上のRAWフォーマットに対応する。最新のベータ版では,DevelopとLibraryモジュールを強化し,Lightroomライブラリ取り込んだ後に,同社の画像ファイル統一仕様「Digital Negative Specification(DNG)」に変換したり,名前を変更できるツールなどを加え,ワークフローの合理化を図っている。また,Nikon D2Xs,Sony A100,Canon Digital Rebel Xti(400D),Nikon D80のサポートを追加した。

 Adobe Photoshop Lightroomのベータ版は,同社Adobe Labsサイトから無償でダウンロードできる。Macintosh版は,Mac OS X 10.4.3,1GHz動作のPowerPC G4プロセッサ,Windows版はWindows XP SP2,Pentium 4プロセッサ,768Mバイトのメモリー,ディスプレイ解像度1024×768ドットを推奨している。正式版は,2007年初旬に公開を予定している。

発表資料へ