PR

 インターネット広告の標準策定団体であるInteractive Advertising Bureau(IAB)と米PricewaterhouseCoopers(PwC)が米国時間9月25日,2006年第2四半期および上半期の米国オンライン広告市場に関する調査結果を発表した。それによると,第2四半期のオンライン広告売上高は41億ドル近くに達し,前年同期と比べて36%増加,前期比では5.5%増加した。上半期の売上は約79億ドルで過去最高を記録。前年と比べ37%の急増となった。

 2006年上半期の売上高を形態別でみると,キーワード検索が31億6400万ドルで,全体の40%を占めた。ディスプレイが25億3100万ドル(全体の31%),求人広告が15億8200万ドル(同20%),電子メールが1億5800万ドル(同2%)だった。

 IAB社社長兼CEOのGreg Stuart氏は,「ブロードバンドをはじめ,モバイルやIPTVなどの新しいプラットフォームを含めて,インタラクティブ広告が広告媒体の主流としてその地位を強固にしつつある。今回の調査から,インタラクティブ広告がマーケッタにとって,消費者との関係を築き,売上を増加させる手段として重要性が増していることは明らかだ」と述べている。

2006年上半期における
オンライン広告の形態別売上高とシェア(単位:100万ドル) ---------------------------------------------------------------- 広告形態 2006年上半期 2005年上半期 売上高 シェア 売上高 シェア ---------------------------------------------------------------- ディスプレイ 2531 31% 1968 34% 検索 3164 40% 2315 40% 求人広告 1582 20% 1042 18% 電子メール 158 2% 116 2% 紹介/ リード・ジェネレーション 633 8% 347 6% ---------------------------------------------------------------- 出典:IAB

発表資料へ