PR

 米Microsoftから独立した米Wallopは米国時間9月26日に,ソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)「Wallop」のベータ版を公開した。「完全招待制のSNSにマーケットプレイスを組み合わせた新しいビジネス・モデル」(同社)としている。

 Wallopは4月にMicrosoftからスピンアウトした企業(関連記事)。Microsoftの研究部門Microsoft Researchで開発した技術を利用する。

 Wallopサイトは,オンラインにおける自己表現に焦点を当てるという。ユーザー・インタフェースのデザインは米Frog Designが手がけた。

 同サイトでは,開発者やデザイナが米Adobe Systemsの「Flash」を用いて作成したインタラクティブなグラフィック(「Mods」と呼ぶ)を販売するマーケットプレイス機能を設ける。メンバーは,Modsを購入して自身のページを簡単にカスタマイズできる。

 そのほか,プロフィールの情報ごとに閲覧を制限する機能,音楽や画像を共有する機能,最新情報に即座にアクセスできる「What's new」機能,リアルタイムの対話機能などを備える。米メディアの報道(InfoWorld)によると,米Goowy Mediaによるカスタマイズ用モジュールを無償で提供する。

 またWallopは,ベンチャ・キャピタルのNorwest Venture Partnersから1000万ドルの資金を調達したことも明らかにした。

[発表資料へ]