PR

 米IBMは米国時間9月26日,新事業部門「Integrated Communications Services」の開設について明らかにした。「グローバル・ネットワークを介して,いつでも,どこでも通信できる革新的なネットワークとコミュニケーション・サービスに焦点をあてる」(同社)。

 Integrated Communications Services事業部門ではパートナ企業と協力して,統合型コミュニケーション,ネットワーキング戦略および最適化,モビリティ/無線/RFID,ネットワーク統合および管理といったサービスを取り扱う。

 統合型コミュニケーションに関しては同日より,ネットワーク統合とIPテレフォニという2つの標準化サービスを提供する。前者はデータ/音声/ビデオに対応した通信ネットワークの導入を支援するもの。後者は,IPテレフォニのインフラを設計,導入,管理するための製品。

 米メディア(InfoWorld)によると,IBMはネットワーク管理やRFID関連など,年内に約30種類のサービス製品をリリースする予定という。

[発表資料へ]