PR
USBインプリメンターズフォーラムのWebページ。左上がワイヤレスUSBのロゴ
USBインプリメンターズフォーラムのWebページ。左上がワイヤレスUSBのロゴ
[画像のクリックで拡大表示]

 USBインプリメンターズフォーラムは2006年9月28日、ワイヤレスUSB製品を開発するメーカーを対象にロゴを付与する認定制度を開始した。ワイヤレスUSBは2005年5月に標準化された次世代技術。現行のUSB2.0を無線化することで、パソコンと周辺機器間をケーブルレスにする。通信速度は、接続する機器同士が3m以内ならUSB2.0と同じく最大480Mbps、10m離れると110Mbpsになる。

 USBインプリメンターズフォーラムは、業界各社によって設立された非営利企業。現行のUSB2.0機器に付けられたロゴは、同フォーラムが実施するUSB2.0向けの認定制度に通過したことで認められているもの。新たに開始するワイヤレスUSB製品の認定制度でも、同フォーラムが定めたワイヤレスUSBの仕様を満たし、ほかのワイヤレスUSB製品との相互接続性を確認する。無事に認定されれば、その証として専用のロゴを、各メーカーは自社製品のパッケージなどに付けることが認められる。

 パソコンメーカーや周辺機器メーカーは、ワイヤレスUSB機器が巨大な市場になると見込み、対応製品の開発を急ピッチで進めている。同フォーラムは「2007年には認定を取得したワイヤレスUSB製品が多数登場する」と見ている。認定制度の開始によって、メーカー各社の製品開発に弾みが付きそうだ。