PR

 米Yahoo!は,同社の各種サービスにアクセスするためのツールバーやスタート・ページを,北米と欧州で米Hewlett-Packard(HP)製の消費者向けパソコンに提供する。Yahoo!が米国時間9月28日に明らかにしたもの。

 北米では,HP製パソコンに搭載する米Microsoftの次期Webブラウザ「Internet Explorer 7(IE 7)」のデフォルト検索エンジンを「Yahoo! Search」とする。 さらにYahoo!とHPの共同ブランドによるツールバーを提供し,Yahoo!の各種サービスにアクセスしやすくする予定。この共同ブランド・ツールバーを利用すると,Web検索のほか,Yahoo! Mailの着信も確認できる。ポップ・アップ広告の抑制機能も備える。欧州で販売するHP製パソコンは,Yahoo!のWebサイトをスタート・ページとして設定する。

 欧州向けスタート・ページと北米向けツールバーは,直ちに利用可能とする。

 また米Vonage Holdingsの子会社でVoIPサービスを手がける米Vonage Americaは9月29日,米国とカナダで販売するHP製パソコンに,家庭向けVoIPサービスの案内CD-ROMまたはパンフレットを同こんすると発表した。Vonage Americaは「電話料金を最大50%節約するのに役立つ」としているが,詳細については明らかにしていない。

[発表資料(Yahoo!)]
[発表資料(Vonage America)]