PR

 米Googleは米国時間10月3日,ミニ・アプリケーション「Google Gadgets」をWebページに組み込めるようにしたと発表した。これまでGoogle Gadgetsは,Googleのホームページかデスクトップ検索アプリケーション「Google Desktop」でしか利用できなかった。

 Google Gadgetsは,予定表,天気予報,ゲームやメディア・プレーヤ,ニュースなど,ユーザーのニーズに合った情報やサービスを提供するミニ・アプリケーション。ユーザーは,自由にカスタマイズしてGoogleのホームページやデスクトップに常駐させることができる。今回の発表により,自分のWebページに組み込めるようになった。

 WebページにGoogle Gadgetsを貼り付けるには,まず「 Google Gadgets For Your Webpage」から利用したいガジェットを選択する。「Add to your webpage」ボタンをクリックすると,ガジェットの表示と設定をカスタマイズするページが表示される。カスタマイズ終了後に「Get the Code」ボタンを押すと,このガジェットをWebページに組み込むためのHTMLコードが生成される。このコードをコピーして自分のWebサイトのHTMLに貼り付けるだけで,ガジェットを表示できる。

 同社によれば,Google Gadgetsのサイトには,過去数カ月間で数千種類のガジェットが登録されているという。同社は,Google Gadgetsの開発に必要な「 Google Gadgets API」も提供しており,開発者にGoogleホームページ,Google Desktop,Webページで利用できる新しいガジェットを提供するように求めている。

発表資料(1)
発表資料(2)