PR

 米comScore Networksの一部門であるcomScore Media Metrixは米国時間10月5日,主要ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用者に関する調査結果を発表した。それによると,サービスによって利用者の年齢層に違いがあるものの,いずれの主要サービスでも,35歳以上のユーザーが4割以上を占めた。

 「MySpace.com」と「Friendster.com」は利用者の年齢層が高めで,25歳以上の利用者がそれぞれ68%,71%を占めている。MySpaceの場合,35歳以上の年齢層が半数を超える。

 一方,「Xanga.com」利用者の年齢層は低く,20%が12~17歳だった。「Facebook.com」利用者の年齢層も比較的低めで,18~24歳が34%を占めた。もともとFacebookは,大学生を対象として始まったサイトである。

 comScore Media Metrixのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるJack Flanagan氏は,次のように説明する。「SNSの上位数社は直接競合するというのが従来の見方だったが,今回の調査は,それぞれ少しずつ異なるユーザー層を獲得していることを示している。MySpaceが最も幅広い年齢者層で支持を得ているのに対して,Facebookは大学生を中心としてその基盤を固めている。Friendsterは高い年齢者層で人気を集めており,Xangaは10代の若者に人気が高い。SNSは10代の若者の独占市場だとの認識が誤りだったことがわかった」

年齢別SNS利用者(単位:%)
----------------------------------------------------------------------
            インターネット
                 全体        MySpace   Facebook   Friendster   Xanga
----------------------------------------------------------------------
12~17歳          9.6          11.9      14.0        10.6       20.3
18~24歳         11.3          18.1      34.0        15.6       15.5
25~34歳         14.5          16.7       8.6        28.2       11.0
35~54歳         38.5          40.6      33.5        34.5       35.6
55歳以上         18.0          11.0       7.6         8.1        7.3
----------------------------------------------------------------------
出典:comScore Media Metrix

[発表資料へ]