PR

 韓国Samsung Electronics傘下のSamsung Telecommunications Americaが米国時間10月5日,携帯電話のエチケットに関する調査結果を発表した。それによると,携帯電話を使用すべきでない場所や場面について,米国全体でおおむね認識が共通していることが分かった。エチケットが徹底している地域は西海岸で,公共の場所での使用に対して他の地域より厳しいという。

 米国携帯電話ユーザーの34%が「レストラン」で携帯電話を使って話をしてもよいと考えている。一方,「映画館」でも同様に考えているのは6%,「初デート」では11%だった。

携帯電話で話をしてもよいと考える場所や場面(「使用可」とした人の比率)
----------------------------------------------------------------------
               13~19歳     20~55歳     56歳以上       全体
----------------------------------------------------------------------
レストラン        37%         36%         26%         34%
初デート          13%         12%          5%         11%
個人的会話        10%         13%          9%         11%
会議や会合など    10%          7%          3%          7%
映画館             9%          6%          2%          6%
----------------------------------------------------------------------
いずれも不可      56%         57%         70%         59%
----------------------------------------------------------------------
出典:Samsung Telecommunications America

 地域別で見ると,西海岸では65%が「いずれも不可」と答えている。南部は60%,北部と中部で56%だった。

[発表資料へ]