PR

 米IBMは米国時間10月11日,コラボレーション・プラットフォームの最新版「Lotus Notes and Domino 7.0.2」を発表した。USB対応デバイスを使って,各種アプリケーションを持ち運べるようにしたほか,ブログ機能などを強化した。

 新版では,Lotus Notes環境をUSBフラッシュ・ドライブやiPodなどに保存できるため,外出先のノート・パソコンやデスクトップ・パソコンに接続すれば,職場と同じ作業環境を即座に再現できる。

 米メディア(InternetNews)によると,Lotus NotesのファイルはUSB対応デバイスの接続を解除した時点でパソコンから取り除かれるため,セキュリティ上の心配もないという。

 容易にカスタマイズできるブログ向けテンプレートを用意したほか,RSSフィード機能にも対応する。「『iTunes』などを使用するユーザー向けに,オーディオ・ファイルやポッドキャストをRSSフィードで提供できる」(同社)。

 また,iCalendar形式のイベントをLotus Notesに取り込めるようにしたほか,年内には「Macintosh」クライアントへのサポートも提供する。

 Lotus Notes and Domino 7.0.2は直ちに利用可能。希望小売価格は1クライアント当たり101ドル。Webベースのメッセージング・クライアントである「Lotus Domino Web Access」は1クライアント当たり70ドルから。「Lotus Domino」サーバー・ソフトは1CPU当たり1431ドルからとなる。

[発表資料へ]