PR

 米Palmは米国時間10月12日,同社スマートフォンの新モデル「Treo 680」を発表した。同モデルは,急成長中のスマートフォン・多機能携帯市場における新規顧客の獲得を狙ったもの。同社によれば,2007年6月までに世界で20社以上の通信事業者が同モデルを採用する見込みだという。価格と出荷時期は後日発表される予定。

 同社の調査によれば,携帯電話ユーザーの多くは,スマートフォンが「高価で使いにくい」と感じていることが明らかになったという。同社は,Treo 680が「使いやすく手ごろな価格に設定されている」と説明している。

 Treo 680は,通信方式としてGSM,GPRS,EDGEを採用。Bluetoothにも対応する。内蔵アンテナ,QWERTYキーボード,解像度320×320ドットのカラー・ディスプレイを備え,写真やビデオ撮影に対応。色は,真紅,オレンジ,白,シルバーの4色を用意する。メモリーのユーザー利用可能領域は64MバイトでTreo 650の約3倍となった。別売りのメモリー・カードにより最大2Gバイトまで拡張できるという。

 同モデルは,PDFファイルやPowerPointファイルの閲覧が可能なほか,WordとExcelファイルの閲覧や編集,共有もできる。マルチメディア機能では,ストリーミング音楽やMP3ファイルの再生,写真アルバムの共有などが可能となった。また,Treo 680のダイヤルアップ機能により,Bluetooth対応のノート・パソコンを接続する無線モデムとして利用できるという。

 Palmの米国小売店とオンラインストアでは,GSM版Treo 680の販売を予定している。期間限定で,Yahoo!の音楽サービス「Yahoo! Music Unlimited」を30日間無料で試用できるキャンペーンの実施を予定している。

 また,同社は同日,Palm OS搭載のTreoスマートフォン向けに最適化された米Googleの地域検索/地図検索サービス「Google Maps」が公開されたことを発表した。Google Mapsは,TreoのWebブラウザからGoogleのWebサイトを訪問して無料でダウンロードできる。

発表資料(1)
発表資料(2)
発表資料(3)