PR

 フィンランドのNokiaは現地時間10月12日に,ナビゲーション・ソフトウエアを手がけるドイツgate5の買収が完了したことを発表した。

 gate5はベルリンを拠点とする非公開企業。1999年に設立され,およそ70名の従業員を抱える。パーソナル・ナビゲーション機器(PND)メーカーに,地図,ルーティング,ナビゲーションといった位置情報サービス向けアプリケーションを提供している。

 Nokiaマルチメディア部門ジェネラル・マネージャ兼執行バイス・プレジデントのAnssi Vanjoki氏は,「場所検索や地図表示,ナビゲーションといった位置ベースのサービスは,『Nokia Nseries』デバイス向けアプリケーションを展開する上で重要な基盤となるだろう」と述べる。「この分野における当社の戦略は,位置ベースの統合サービスを顧客に提供することだ」(同氏)

 なお,Nokiaが9月にリリースしたGPS機能搭載マルチメディア・デバイス「Nokia N95」は,gate5の技術を採用しているという。

 Nokiaはgate5のマルチプラットフォーム戦略を継続し,Symbian,Linux,Windows Mobile,Palm,Javaといった各種プラットフォームに対応する携帯電話機向けのソフトウエア開発とサポートを行う。

 ちなみにNokiaは,米Trimbleと測位システム/位置情報システムの特許を相互にライセンス供与する契約を10月2日に発表している。

[発表資料へ]