PR

 英Reutersは米国時間10月16日,米Linden Labが運営するオンライン・ゲーム「Second Life」内にバーチャル支局を開設することを発表した。バーチャル支局の設立について,「新しいデジタル・プラットフォームを利用して,次世代のニュースと情報を配信するという戦略の一環」と説明している。

 ゲーム内では,実在の記者であるAdam Pasick氏が,「Adam Reuters」の名前でバーチャル支局の支局長を務める。同氏は,Second Life内で起きた事件を取り上げ,住民にインタビューしたり,そのほかの取材活動を行う。同氏は,「Reutersのニュースと金融レポートにおける能力と経験は,Second Life内で事業経営に関する判断をしなければならない数千人のプレーヤにとって価値のあるものとなるだろう」とコメントしている。

 Second Lifeの住民は,現実社会のモバイル端末に似た「Reuters News Center」を使って,現実社会とSecond Life内の最新のニュースを入手できる。また,住民は「Reuters Atrium」と呼ばれるコミュニティ・センターを訪問して,事件について討論したり,その日の最新写真やビデオを閲覧することもできる。Reuters News Centerのボタンを押せば,Reuters Atriumのチャットにいつでも参加できる。

 Reuters Atriumは10月18日にオープンする。ReutersによるSecond Lifeのニュース記事は,「Second Life News Center」で閲覧できる。

発表資料へ