PR

 米Intelは米国時間10月17日に,2006年第3四半期の決算を発表した。売上高は87億ドルで,前期から9%増加したが,前年同期と比べ12%減少した。純利益は13億ドルで前期比47%増,前年同期比では35%落ち込んだ。

 当期の1株当たり利益は22セント,営業利益は14億ドルだった。

 株式報酬費用の影響を除いた場合,純利益は15億ドル,1株当たり利益は27セント,営業利益は17億ドルとなる。

 「当期はモバイルおよびサーバー向けプロセサの出荷が過去最高を記録した。また,クアッドコア・プロセサも好調な伸びをみせた」(同社社長兼CEOのPaul Otellini氏)。

 マイクロプロセサの出荷数は前期と比べて増加した。ただし平均販売価格は低下した。チップセットとマザーボードの出荷数は前期を上回った。フラッシュ・メモリーの出荷数は前期から減少した。また,当期は1億ドル分の在庫プロセサを処分した。


■2006年Q3のGAAPベースの業績(株式報酬費用の影響を含む)
----------------------------------------------
                2006年Q3   前年同期比   前期比
----------------------------------------------
売上高          87億ドル        -12%       +9%
営業利益        14億ドル        -56%      +28%
純利益          13億ドル        -35%      +47%
1株当たり利益   22セント        -31%      +47%
----------------------------------------------


■2006年Q3の非GAAPベースの業績(株式報酬費用の影響を除く)
----------------------------------------------
                2006年Q3   前年同期比   前期比
----------------------------------------------
営業利益        17億ドル        -45%      +22%
純利益          15億ドル        -22%      +38%
1株当たり利益   27セント        -16%      +42%

----------------------------------------------

 前期はすべての主要地域が季節的パターンを下回る業績だった(関連記事)が,当期は米大陸,EMEA(欧州/中東/アフリカ),日本で通常の季節的パターンを上回った。しかしマイクロプロセサは依然として価格競争が激しく,とくにデスクトップ・パソコン分野が厳しい状態だという。


■2006年Q3の地域別売上高
----------------------------------------------
                2006年Q3   前年同期比   前期比
----------------------------------------------
アジア太平洋    43億ドル        -16%       +7%
米大陸          19億ドル         -1%      +10%
EMEA            16億ドル        -20%      +17%
日本       9億2300万ドル      横ばい       +2% 
----------------------------------------------

 なお同社は,2006年第4四半期の売上高を91億~97億ドルの範囲と予測している。

[発表資料(PDF書類)]