PR

 米Apple Computerは,同社のビデオ再生可能な「iPod」の一部が,Windowsをターゲットとしたウイルス「RavMonE.exe」に感染しているとして警告を発した。2006年9月12日以降に出荷した製品の1%未満が感染している恐れがあり,現時点における報告件数は25件以下という。同社によると,「『iPod nano』や『iPod shuffle』,Mac向け製品に影響はない」。

 米メディア(CNET)の報道によると,同社がiPodサポート・サイトに警告を掲載したのは米国時間10月17日。同社はRavMonE.exeに感染した理由を,「製造ラインに使用していたWindowsコンピュータが同ウイルスに感染していたため」と説明している。なお,米McAfeeによる同ウイルスの危険度評価は「低」。

 RavMonE.exeは既知のウイルスで,以下のようなアンチウイルス・ソフトを使用すれば検出/削除できる。

Microsoft Live OneCare Safety Scanner(無料)
Microsoft Live OneCare(90日間の試用バージョン)
McAfee(30日間の試用バージョン)
Symantec Norton Anti-Virus(30日間の試用バージョン)

 同ウイルスはストレージ機器を介して拡散するため,AppleではWindowsコンピュータに接続したハード・ディスク装置,デジタル・カメラ,USBフラッシュ・ドライブもスキャンするように推奨している。

[発表資料へ]