PR

 米Yahoo!は米国時間10月17日,2006年第3四半期決算を発表した。売上高は15億8000万ドルで,前年同期の13億3000万ドルから19%増加した。純利益は1億5900万ドル(希薄化後の1株当たり利益は11セント)で,前年同期の2億5400万ドル(同17セント)から37%減少した。

 提携企業に支払う手数料(TAC)を除外した売上高は11億2100万ドルで,前年同期の9億3200万ドルから20%増加した。

 粗利益は8億9900万ドルで,前年同期の7億9600万ドルから13%増加した。営業利益は前年同期比25%減の2億200万ドル。償却費用などを除いた場合の営業利益は同23%増の4億7400万ドルとなった。

 営業活動によるキャッシュ・フローは3億9000万ドルで,前年同期の4億4000万ドルから11%減少した。

 事業別にみると,マーケティング・サービスの収入は前年同期比18%増の13億7000万ドル,会費による収入は同23%増の2億1000万ドルだった。

 米国における売上高は,前年同期比14%増の10億5400万ドル。海外事業による売上高は同29%増の5億2600万ドルだった。

 Yahoo!会長兼CEOのTerry Semel氏は,「第3四半期は不満が残る業績となった。継続的に成長しているものの,期待していた成長スピードを達成できなかった」と述べる。なお米メディアInfoWorldによると,Yahoo!は先月,自動車および金融サービス業界向けの広告が思うように売れていないことを理由に,TACを除外した売上高を11億1000万~12億2000万ドルの範囲に下方修正していた。

 またYahoo!は同日,リッチ・メディア広告を手がける米AdInteraxの買収に関して,AdInteraxと最終合意に達したと発表した。さらに同社は,オンライン広告オークションを手がける米Right MediaのSeries B増資に参加した。Right Mediaに対する4500万ドルの資金調達を率先し,同社の株式20%を取得した。またYahoo!は,Right Mediaが運営するオンライン広告オークション「Right Media Exchange」に参加し,自社の広告スペースをオークション形式で販売するという。

[発表資料(1)へ]
[発表資料(2)へ]
[発表資料(3)へ]