PR

 米AMDは米国時間10月18日に,2006年第3四半期の決算を発表した。売上高は13億3000万ドルで前期と比べ9%増加,前年同期からは32%増となった。純利益は1億3400万ドル(希薄化後の1株当たり利益は27セント)で,前期の8900万ドル(同0.18ドル)および前年同期の7600万ドル(同18セント)から大幅に増加した。

 なお,上記の数字には従業員の株式報酬経費1650万ドルが含まれる。


■2006年第3四半期の業績(前期および前年同期との比較)
-------------------------------------------------------------------------
             2006年Q3      2006年Q2      2005年Q3      前期比  前年同期比
-------------------------------------------------------------------------
売上高   13億3000万ドル 12億2000万ドル  10億1000万ドル   9%        32%
営業利益  1億1900万ドル   1億200万ドル   1億2900万ドル  17%       (8)%
粗利益率        51.4%         56.8%       55.4%        (5.4)     (4.0)
-------------------------------------------------------------------------

注:2005年12月に株式公開した同社と富士通のフラッシュ・メモリー専業合弁企業Spansionのデータを除く

 同社CFO(最高財務責任者)のRobert J. Rivet氏は,当期の売上成長の要因として,「すべてのブランドに対する需要が高かったため」と説明する。「マイクロプロセサの出荷数は前期比18%拡大し,とりわけモバイル向けの『AMD Turion 64』プロセサが好調だった。モバイル向けプロセサの出荷数と売上高は過去最高となり,平均販売価格(ASP)が上昇した。『AMD Opteron』プロセサはデュアルコアの普及により,過去最高の出荷数を記録し,ASPも上向いた」(同氏)。ただし,デスクトップ向けプロセサは出荷数が増加したものの,ASPの低下により売上高は横ばいだった。

 同社は2006年第4四半期について,「季節的要因により当社製品に対する強い需要が期待できる」として,第3四半期の売上高を上回ると見込んでいる。

[発表資料へ]