PR

 半導体製造装置/材料に関する業界団体SEMI(Semiconductor Equipment and Materials International)が,北米を拠点とする半導体製造装置メーカーの,世界における受注/出荷に関する調査結果(速報値)を米国時間10月17日に発表した。2006年9月の受注額(3カ月の移動平均,以下同じ)は16億2000万ドル。前月の17億3000万ドル(確定値)に比べ6%減り,前年同月の9億8400万ドルに比べ65%近く増えた。

 2006年9月の出荷額(3カ月の移動平均,以下同じ)は16億3000万ドルで,前月の17億4000万ドル(確定値)から7%弱の減少,前年同月の10億9000万ドルから50%弱の増加だった。

 2006年9月のBBレシオ(出荷額に対する受注額の割合)は1.00。

 「現在,装置のサイクルが低迷している影響で,2006年9月に受注額が縮小した。しかし2006年を通してみると,半導体業界の製造装置に対する支出が史上2番目の規模になるという予測に向け,順調に推移している」(SEMI業界調査/統計担当上級ディレクタのDan P. Tracy氏)。


■出荷額と受注額の推移(単位:100万ドル)
================================================================
                       出荷額           受注額         BBレシオ
                  (3カ月移動平均)(3カ月移動平均)
----------------------------------------------------------------
2006年4月             1,441.4           1,604.4         1.11
2006年5月             1,452.6           1,619.0         1.11
2006年6月             1,557.4           1,782.3         1.14
2006年7月             1,637.9           1,734.6         1.06
2006年8月(確定値)   1,742.8           1,729.7         0.99
2006年9月(速報値)   1,627.4           1,624.0         1.00
================================================================
出典:SEMI

[発表資料へ]