PR

 米Adobe Systemsは米国時間10月19日,ビデオ・ソフトウエア・メーカーの米Serious Magicを買収したと発表した。買収は,ビデオをはじめとするすべての動的なメディアに関連する事業の強化を目的としたもの。買収金額は明らかにしていない。

 Serious Magicは,米カリフォルニア州フォルソンを拠点とする未公開企業。一般ユーザー向けにデジタル・ビデオの撮影支援ソフトウエア「DV Rack」,ビデオ制作ツール「Visual Communicator」,ブロガーがビデオ・ブログ(vlog)を容易にリアルタイムで作成するのを支援する「Vlog It」などを提供している。買収により,同社CEOのMark Randall氏を,AdobeのDynamic Media事業部門の戦略責任者(Chief Strategist)として迎える。

 Adobeは,Serious Magicの製品の販売を継続するとともに,同社のビデオ・ソリューションにSerious Magicの技術とソフトウエアを組み込むことを計画している。

発表資料へ