PR

 米IBMと,抵当貸付業界向けのサービスや技術を手がける米Palisades Technology Partnersは,IBMによるPalisadesの買収について最終合意に達した。IBMが米国時間10月20日に明らかにしたもの。買収手続きは2006年中に完了する見込みだが,買収金額など詳しい取引条件については公表していない。

 Palisadesは,ニュージャージー州に拠点を置く未公開企業。抵当貸付業界向けに,Webベースの貸付業務用プラットフォームを販売するほか,コンサルティングやシステム統合といったサービスを提供している。業界誌Mortgage Technology Magazineで「Top 100 Technology Vendor」(トップ100技術ベンダー)に選ばれたことがある。

 IBMはこの買収により,Palisadesの技術やノウハウ,ソフトウエアを活用した金融/銀行業界向けのソリューション強化を図るという。

[発表資料へ]