PR

 仏伊合弁のSTMicroelectronicsがスイスで現地時間10月24日,2006年第3四半期の決算を発表した。売上高は2億5130万ドルで,前年同期の2億2470万ドルに比べ11.8%増,前期の2億4950万ドルに比べ0.7%増だった。純利益は2億700万ドル(希薄化後の1株当たり利益は22セント)。前年同期の8900万ドル(同10セント)から2倍以上の増益となった。前期は1億6800万ドル(同18セント)。

■営業利益,営業利益率,粗利益,粗利率の推移
=============================================================
                  06年Q3          05年Q3          06年Q2
-------------------------------------------------------------
営業利益       1億9400万ドル   1億200万ドル    1億6900万ドル
営業利益率         7.7%          4.5%            6.8%
粗利益         9億400万ドル    7億6600万ドル   8億8200万ドル
粗利率            36.0%         34.1%           35.4%
=============================================================

 売上高が前年同期に比べ増えた要因について,STMicroelectronicsは電気通信,産業,消費者という3分野で記録した2ケタ増収を挙げる。

 また同社の社長兼CEOであるCarlo Bozotti氏は,特に強い部門として特定用途向け製品部門(ASG)とマイクロ/電力/アナログ部門(MPA)を取り上げた。2006年1~9月の売上高を前年の同期間と比較すると,ASGは10%増え,MPAは19%弱増えた。

[発表資料へ]