PR

 米Oracleは米国時間10月25日,Linux関連サポート・プログラム「Unbreakable Linux」の強化について発表した。自社データベース,ミドルウエア,アプリケーション製品と同レベルの企業向けサポートを,米Red HatのLinuxに対しても提供するとしている。

 「Red Hatは現在,最新版に関してのみバグ修正をリリースしているが,それでは顧客が頻繁に最新バージョンにアップグレードしなくてはならない」(Oracle)。OracleのUnbreakable Linuxでは,将来版,現行版および旧版のLinuxに対するバグ修正を提供する。米Intel,米Dell,米Hewlett-Packardが同プログラムに参加しているという。

 Oracleによると,Unbreakable Linuxの料金は,Red Hatがベスト・サポートで課している金額よりも大幅に安いという。「より良いサポートとより手ごろな価格がLinuxの導入を促進する」(同社CEOのLarry Ellison氏)。

 Unbreakable Linuxは,Linuxを導入しているすべてのユーザーを対象とする。Oracle製品のユーザーである必要はない。年間利用料は1システム当たり99ドル。ただし米メディアの報道(CNET News.com/InfoWorld)によれば,ソフトウエア・アップデート料は99ドルだが,技術サポート料が2プロセサ・サーバー当たり年間399ドル,より大規模な環境では年間999ドルかかる。

 Oracleは,Linux標準化活動を推進する非営利団体Free Standards Group(FSG)にプラチナ・メンバーとして加盟したことも,同日明らかにした。Linux標準規格「Linux Standard Base(LSB)」を策定するLSB作業部会に協力し,Linux対応エンタープライズ・アプリケーションの開発およびサポート要件のガイダンスなどを提供する。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]