PR

 パイオニアの欧州子会社Pioneer Europeは,後付け用カーナビゲーション・システム(カーナビ)「AVIC-HD1BT」に米IBMの音声合成/認識ソフトウエア「IBM Embedded ViaVoice」を搭載した。Pioneer EuropeとIBMがベルギーと米国で現地時間10月25日に明らかにしたもの。

 AVIC-HD1BTは,既存の自動車に取り付け可能なカーナビ。記憶容量30Gバイトのハード・ディスク装置(HDD)を備え,欧州22カ国の地図を内蔵する。HDDのうち10Gバイトは音楽データ用に確保してあり,音楽CDからデータをコピーして再生できる。

 IBM Embedded ViaVoiceを採用したことで,音声による道案内とハンズフリー操作が可能となった。さまざまな音声コマンドに対応しているという。

 米メディア(InfoWorld)によると,IBM Embedded ViaVoiceは14カ国語の認識が可能で,AVIC-HD1BTの価格は2500ユーロ(約3137ドル)という。

[発表資料へ]