PR

 米Imationは,オランダRoyal Philips Electronicsなどとの間で結んでいる,CD/DVDメディアに関するクロス・ライセンス契約の内容について,確認判決(declaratory judgment)を求める訴訟をミネソタ州セントポールの連邦地方裁判所で起こした。Imationが米国時間10月27日に明らかにしたもの。

 確認判決とは,原告/被告が結んだ契約などに対する解釈を裁判所に確認する司法制度。裁判所が具体的な対応を命ずることはない。Imationは,Royal Philips Electronicsとその傘下のU.S. PhilipsおよびNorth American Philipsを相手取って,見解の分かれている契約内容の確認を求めている。

 ImationはPhilips側とクロス・ライセンス契約を結び,各種CD/DVDメディアの製造と販売を行っている。ところがImationによると,「Philipsは当社の顧客や供給業者との関係に干渉しようとしている」のだという。

 「当社は数十年も前から,光ストレージ分野で技術的なリーダーシップを維持しており,最高品質のCD/DVDを供給する当社に,世界中の顧客が依存している。この供給体制を混乱させることなどは,絶対にあってはならない」と,Imation上級副社長兼COOのFrank Russomanno氏は語る。

[発表資料へ]