PR

 フランスのCapgeminiと米Kanbay Internationalは,CapgeminiによるKanbayの買収について最終合意に達した。両社がフランスと米国で現地時間10月26日に明らかにした。

CapgeminiはKanbayの発行済み普通株式すべてを,1株当たり29ドルの現金で取得する。既存のストック・オプション,ワラント,制限株式といったKanbayの株式資産を合わせると,買収規模は12億5000万ドル相当という。

 Capgeminiは,コンサルティング,技術関連サービス,アウトソーシング・サービスを手がける。全世界の従業員数は約6万5000人で,2005年通期の売上高は69億5400万ユーロ(約88億5000万ドル)だった。

 一方Kanbayは,金融サービス業界を中心に世界各地でITサービスを提供する。従業員数は約6900人。イリノイ州シカゴに本社を置き,北米各地やインド,ロンドン,シンガポール,香港,東京,メルボルンに事業所を持つ。

 買収手続きは,2007年の早い時期に完了する予定。1株当たり29ドルという株式取得価格は,Kanbay株式の10月25日終値に対し15.9%,2006年9月の平均価格に対し28.3%のプレミアムを上乗せしている。

 Kanbayの買収により,Capgeminiはインドにおける立場の強化を見込む。具体的には,売上高が2006年第3四半期に比べ89%増え,インドの従業員数が2006年末に1万2000人に達するという。さらに,金融および消費財関連のフランチャイズ分野向けの事業強化にもつながるとする。

 その結果,Capgeminiは1株当たり利益が2007年に5%以上,2008年に10%以上増えると予測している。

[発表資料(PDF形式)]