PR

 米SourceLabsは,シリーズB投資(2回目の投資ラウンド)でベンチャー・キャピタルの米Madrona Venture Group,米Ignition Partners,米Index Venturesから計700万ドルの資金を調達した。SourceLabsが米国時間10月27日に明らかにしたもの。

 SourceLabsは,米BEA Systemsの元幹部が2004年に立ち上げた企業。ミドルウエア,データベースなど,オープンソースの基盤ソフト全般を対象としたサービス事業(システムインテグレーション,テスト,認定,保守サポートなど)に特化しており,オープンソース・ソフトウエア自体の開発は行わない。

 2006年6月28日には,アプリケーションを常時監視し,障害が発生する前に問題を特定して解決できるようにする自動化システム「SourceLabs Continuous Support System」も発表した。

 なお,1回目の投資ラウンドで同社は,Ignition PartnersとIndex Venturesから350万ドルの資金を調達している。

[発表資料(PDF形式)]