PR

 米Seagate Technologyは米国時間10月30日,ハードディスク上でデータを暗号化して保護するセキュリティ・プラットフォーム「DriveTrust Technology」を発表した。DriveTrustにより,ドライブ上のすべてのデータを自動的に保護できるという。

 同社によれば,同技術を採用するハードディスクは,通常のハードディスクと同じように設置して利用できる。セキュリティ機能は,ドライブ内で自動的に実行されるため,ユーザーが特別な設定をする必要はない。ユーザー認証のためのパスワードを設定する程度で済むという。

 ドライブ・レベルでセキュリティ機能を提供するため,ソフトウエアによるセキュリティ機能のようにパッチやアップデートが不要となる。そのため,IT部門による,ソフトウエアのアップグレードやバージョン管理などの作業が不要になる。また,ハードディスク上のデータを即座に消去できるため,ディスクの初期化を行わずにドライブを再配置できるという。

 同社は,同技術をデジタル・ビデオ・レコーダ(DVR)向けハードディスク「DB35」に採用している。また,2007年第1四半期には,同技術を採用するノート・パソコン向け2.5インチのハードディスク「Momentus 5400 FDE.2」の出荷を予定している。ドライブへのアクセスには,ユーザー認証のパスワードが必要になるため,パソコンやディスクを紛失したり盗難された場合でもデータを保護できる。また,サード・パーティによる指紋認証やスマートカード・オプションによりアクセス制御を強化できるとしている。

 同社は,独立系ソフトウエア・ベンダー(ISV)向けに,DriveTrust Technologyに対応するアプリケーション開発に必要なドキュメントやツール「DriveTrust Technology SDK」の提供も予定している。

発表資料へ