PR

 米Microsoftは,同社の研究所Microsoft Research Asiaで開発したモバイル通信技術を中国のComtech GroupとHunan Talkweb Information System(Talkweb)にライセンス供与する。同社が現地時間10月31日に発表した。

 同社は,起業家や新興企業に自社の技術をライセンス供与する「Intellectual Property(IP)Ventures」プログラムを2005年5月に開始している。同プログラムは,社内で開発した技術を起業家や企業に提供し,事業の発展および同地域におけるソフトウエア産業の強化支援を目的としたもの。今回のライセンス供与は,同プログラムを通じて行われる。IP Venturesによる中国企業へのライセンス供与は今回が初めてとなるという。

 今回の提携により,Microsoftは,モバイル写真,帯域幅の最適化,顔のスケッチをパーソナライズする技術を提供する。携帯電話機や通信機器の設計を手がけるComtechは,Microsoftが開発したモバイル・メディア技術を同社のOEM向け製品に組み込むという。Talkwebは,顔のスケッチをパーソナライズする技術のライセンスを受ける。同技術により写真を漫画に変換し,マルチメディア・メッセージング・サービスを通じて携帯電話機に送信できるWebアプリケーションを開発する予定だという。

 Microsoftは,これまでにIP Venturesプログラムを通じて,米EON Reality,米Inrix,英Skinkers,アイルランドVimioなどと提携している。

発表資料へ