PR

 中国のオンライン検索ベンダーBaidu(百度)は2006年第3四半期における決算を現地時間10月31日に発表した。売上高は2億3930万元(約3030万ドル)で,前期と比べ24.9%増,前年同期から169.1%の増収となった。純利益は8530万元(約1080万ドル)で前期と比べ45.8%増,前年同期比902.5%増と大幅に拡大した。希薄化後の1株あたり利益は2.46元(約31セント)だった。

 営業利益は7620万元(約960万ドル)で,前期比で31.5%増,前年同期から1002.0%の大幅増加となった。

 同期のオンライン・マーケティングからの売上高は2億3760万元(約3010万ドル)で,前期から25.7%,前年同期から176.7%の増収となった。同社は,同部門の成長の要因として,アクティブな顧客数の増加を挙げている。同期におけるアクティブな顧客数は10万2000件に達し,前期から13.3%増加。顧客ごとの売上高も,前期の2081元から12.0%増の2330元(約294.8ドル)に上昇した。

 同社は今後の見通しも明らかにしている。2006年第4四半期の売上高は,前年同期比135%~143%増の2億7000万元(約3400万ドル)~2億8000万元(約3500万ドル)の範囲を見込む。

発表資料へ